平成24年度の人材育成事業

 平成24年度の「芸術・文化に関する人材育成事業」が全て終了しましたので、結果をご報告いたします。

 

(1)子ども演劇サマースクール



      期 日  平成24年7月24日(火)から29日(日)まで

内 容  子どもに舞台芸術をより身近なものに感じてもらうほか、舞台芸術への理解と振興を図るために開催しました。「演者」として心身をコントロールすることは、メンタル面の強化及びコミュニケーション能力の向上にもつながります。

   場 所  葛生あくとプラザ

   講 師  加納朋之氏、高橋克明氏、佐古真弓氏、山谷典子氏、

山崎美貴氏(以上文学座所属)、井上倫宏氏(演劇集団円所属)

   参加者  40人

 

 (2)アートマネジメント講座

      期 日  平成24年12月8日(土)、9日(日)、22日(土)、23日(日)

内 容  文化ホールやギャラリーなど、文化施設を使って市民が主体的に事業をプロデュースしていくために必要なことを、企画から運営まで学んでいただきました。

   場 所  葛生あくとプラザ

   講 師  松井憲太郎氏(富士見市民文化会館館長)

   参加者  8人

 

(3)舞台裏方講座

期 日  平成25年1月26日(金)、27日(日)

   内 容  舞台ホールのある施設で舞台装置及び舞台機構の解説と基礎知識の講義と簡単な実習を行いました。

場 所  葛生あくとプラザ

   講 師  龍福孝明氏(宇都宮舞台サービス)

   参加者  11人

 

 

 

 

 

平成23年度第3回理事会・評議員会の開催

 2月15日(水)佐野市総合福祉センターにて、午後2時から平成22年度第3回評議員会、3時30分から第3回理事会が開催され、今年の4月1日の公益財団法人への移行登記関連の議事及び新法人での事業計画、収支予算などが議決されました。

 また、今回の評議員をもちまして、評議員の皆様におかれましては、退任になります。これまで、評議員会の運営に多大なるご協力を賜りありがとうございました。

アートマネジメント講座の開催

 1月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)の4日間佐野市文化会館にてアートマネジメント講座が行われました。当事業団の文化・芸術に関わる人材の育成事業として、優れた舞台芸術を生み出す「創り手」と観賞する「受け手」をつなぐ専門的なアートマネジャーを育成するため今年度初めて開催しましたが、30代から60代までの24名が参加しました。

 講師は富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」の館長であり、演劇評論家でもある松井憲太郎さんをお迎えしてアートマネジメントの方法論や基本的な考え方について講義していただきました。

 最初の2日間は劇団「アユリテアトル」の近藤春菜さんと共にワークショップを中心に行い、グループワークとして町の文化マップを作り、参加者同士の親交を深めました。最後の2日間は松井さんが文化施設の役割と現在の「キラリ☆ふじみ」で経験したことを踏まえながら、イベントの企画作りについて話し、最後はグループで実際に企画案を作成し発表しました。

 参加者の皆さんは、イベント企画の材料や発送のもとになる佐野市の文化資源や課題を洗い出しながら、創作活動を楽しんでいました。

松井さんからアートマネジメントのノウハウを教わる

 

近藤さん(中央)と体を動かしたワークショップ

 

グループに分かれて企画立案作業

 

最後にグループ発表

演劇ワークショップの開催

 12月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、23日(金)の5日間葛生あくとプラザにて演劇ワークショップが行われました。今年の夏に子どもを対象にした演劇ワークショップを行いましたが、今回は高校生以上を対象に行いました。講師は夏の子ども演劇ワークショップでもお世話になった文学座所属の俳優加納朋之さんをはじめとして、佐古真弓さん、山谷典子さん、粟野史浩さんの4名をお迎えして高校生から60代まで幅広く集まった参加者15名を熱心に指導していただきました。

 最初は、声の出し方や体の動かし方に始まり、加納さんが演出に関わった「土の中の教師たち」を実際に参加者が演じるところまで行いました。

柔軟体操して体を解す

 

講師の加納さん(左奥)、佐古さん(中央奥)から、演技指導を受ける参加者

 

最終日には、これまで指導していただいた内容を踏まえ実演

美術鑑賞ツアーの開催

 11月1日(火)佐野市郷土博物館、佐野市立吉澤記念美術館にて「小堀鞆音没後80年展」、佐野市文化会館にて、「第6回佐野ルネッサンス鋳金展」を鑑賞するを美術鑑賞ツアー開催しました。各会場では、学芸員や作家によるギャラリートークが行われ、芸術の秋にふさわしい作品の数々に参加者は感動しながら解説に耳を傾けていました。

第6回佐野ルネッサンス鋳金展にて永瀬氏によるギャラリートーク

 

小堀鞆音展にて学芸員の解説を聞く参加者