第1回わいわいギャラリーを開催しました

 823日(土)、わいわいギャラリー「ゲストトーク」を開催しました。当財団事業「アートマネジメント講座」受講生たちが作り上げた“初”の事業です。会場には、41名の方々がお見えになりました。

 

 ゲストである安藤勇寿(安藤勇寿「少年の日」美術館代表)さんは、気さくな語り口で、画家としての生活や、「少年の日」美術館を設立した経緯、子どもをとりまく環境などについて話されました。聞き手(インタビューワー)は、アトリエびっき主宰である加藤美智子さん。

 

 

 わいわいギャラリー休憩時間には、社会福祉法人ブローニュの森によるコーヒーサービス、ゲストである安藤氏と参加者との意見交換があり、「ゲストとの距離が近くて、親しみを感じる」・「安藤先生のお話はとても感動しました」などと、大変好評でした

 

 

「美術鑑賞ツアー」満員御礼のお知らせ

 いつも「かがやき」ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

先日、当事業団報で告知いたしました「美術鑑賞ツアー」ですが、定員数に達し、またキャンセル待ち多数となりましたので、募集を締め切らさせていただきます。たくさんのご応募をありがとうございました。

 ※来年も実施予定です。

 

 

 

 

子ども演劇サマースクールを開催しました

 

 7月22日(火)から26日(土)の5日間、加納朋之氏(文学座)ら俳優7名を講師に迎えて、市内小学4年生から中学3年生を対象とした、恒例の「サマースクール」を葛生あくとプラザで開催しました。今年は40人の児童・生徒が参加しました。

 

 

 

 3日目までは小ホールで体の緊張をほぐす柔軟体操、「シアターゲーム」で発声や表現方法などを学んだあと、全員で原案:フランク・パヴロフ、作:山谷典子による、『茶色の朝』の朗読をしました。

 

 

 

 最終日には大ホールで5日間の稽古の成果として、4チームに分かれて『茶色の朝』を発表しました。参加者からは、「とても楽しかった」・「また来年やりたい」などという声が多数あり、大変好評でした。

 

 

  

平成26年度第1回通常理事会および定時評議員会を開催しました

 5月8日(木)佐野市文化会館にて午後2時から、平成26年度第1回通常理事会が開催され、平成25年度事業報告および決算報告などが承認されました。

 5月26日(月)中央公民館(佐野地区公民館)にて午後1時30分から、平成26年度定時評議員会が開催され、公益認定後、初となる、任期満了に伴う理事の選任や、平成25年度事業報告および決算報告などが承認されました。

(評議員会のようす)

 

子ども演劇サマースクール 受講生募集中!

☆小中学校の皆さんお待たせしました!

 

今年もサマースクールを開講します!

 

「演劇、お芝居」に関心のある人

 

もっと声を出したいなあと感じている人

 

去年参加したけど、物足りなかったなぁと感じている人

 

・・・一緒に体と気持ちを動かしてみませんか!?

 

※大好評の事業のため、お申し込みはお早めに!

 

 

 

 

チラシ拡大

 

 

文化・芸術アンケートを実施しています!

  佐野市が目指すべき文化・芸術等の方向性を明らかにし、当財団として取り組むべき課題などを確認するため、佐野市との共催で、市民の文化・芸術等に対する意識や考え方などを把握するため、初めて実施するものです。

 「文化・芸術アンケート」の集計結果につきましては、団報『かがやき』第20号(『広報さの』9月1日号と合わせて全戸配布)にて、掲載予定です。

 今回の調査の実施に当たりましては、佐野市にお住まいの満20歳以上の方の中から、無作為抽出方法によって選出させていただきました。

お忙しいところ大変恐縮に存じますが、アンケートの趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

↑イメージです(左:アンケート封筒、右:アンケート表)

(イメージ拡大)

 

※皆様の回答は、他の目的に流用することはございません。